ソニー損保の自動車任意保険のおすすめポイントと保険料

ソニー損保の任意保険のおすすめポイント

「保険料よりも納得のいくサービスを重視したい」

 

そのような方におすすめできるのが、『ソニー損保自動車保険』です。

 

ソニー損保自動車保険は質の高いサービスに定評のある自動車保険。

 

そんなソニー損保自動車保険について解説していきます。

 

ソニー損保自動車保険とは?

ソニー損保の自動車保険は、ソニー損害保険のダイレクト型自動車保険です。

 

ソニー損害保険は1999年にいち早く、国内でダイレクト型保険をスタートさせました。

 

それ以来、長く国内シェア1位の座を維持し続けています。

 

そんなソニー損保の自動車保険は

 

J.D. パワー自動車保険事故対応満足度No.1
HDI格付で最高評価の三つ星を連続獲得

 

といった実績をもち、高い評価を得ています。

 

ソニー損保自動車保険の特徴とおすすめポイント

ソニー損保の自動車保険の特徴は品質を重視している点です。

 

ダイレクト型自動車保険というと価格競争になりがちです。

 

ですがソニー損保は安さで勝負しているというより、以下のように
顧客が満足できるサービスを展開しているといった印象です。

 

・24時間365日に対応の「即日安心365」サービス
「即日安心365」は20:00までに事故受付を完了したら、
その日のうちに事故の相手への連絡〜代車の手配までしてくれるというサービスです。
しかも、24時間365日、土日でもお正月でも対応してくれます。

 

・業界最大級の約9,000以上のロードサービス拠点
保険会社の中でも上位の約9,000以上のロードサービス拠点をもっています。
ロードサービス拠点が多いため、いざというときに迅速に対応してくれます。
しかも、利用は等級や保険料に影響しません。

 

・車だけでなく人へのサポートもある
車のトラブルへの対応はもちろんですが、人へのサポートも充実。
宿泊費や交通費もサポートしてくれます。

 

ソニー損保のプラン

ソニー損保がおすすめしている標準的なプランは以下のとおり。

 

対人賠償
対物賠償
対物超過修理費用
人身傷害
車両保険
自動車事故弁護士費用特約

 

この他にも「保険料の安い補償プラン」もありますので、
「できるだけ料金をおさえたい」という方にはそちらも検討してみるといいでしょう。

 

ソニー損保自動車保険の料金

ここでは年齢32才男性、車種をアクア、ゴールド免許、
対物人身無制限の場合として計算しています。

 

また、ソニー損保の自動車保険は、走行距離に応じて保険料が変わりますので、
毎日乗るとし、年間1.6000km以内で計算すると以下のようになります。

 

・スタンダードプラン 137,220 円/年
・グレードアッププラン 139,270 円/年
・グレードアッププラン2 146,940 円/年

 

ソニー損保自動車保険のデメリット

ソニー損保自動車保険のデメリットは、保険料がダイレクト型の中では高めになる点です。

 

とくに外資系の保険会社と比べるとその傾向は高くなります。

 

これはソニー損保が料金よりも、サービスの質で勝負しているからでしょう。

 

そのため、保険料の安さを重視している方にはむいていません。

 

ですが、料金よりもサービスの質を重視したい方にはおすすめできます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ソニー損保自動車保険は質の高いサービスが特徴の保険商品になります。

 

ですので、「保険料よりもサービスの質を重視したい」
そのような方におすすめできます。

 

そんなソニー損保自動車保険はWEBから申込むと、8.000円割引の特典つき。

 

ネット上から無料で見積もりも可能ですので、まずはどれくらいになりそうか、
見積もりしてみるといいですよ。